« 気づかないふりを装う - 空を見上げた冬の既視感 - | トップページ | 零れ落ちてゆくものは砂のようにサラサラとやわらかなものだった »

2013年1月25日 (金)

いつ頃からなのかも わからない...  時雨心地の きみの傍ら



A6560


  + ○ + 。. * .。 + ○ + 。. * .。 + ○ + 。. * .。+ ○ + 。. * .。+ ○ +




  見 慣 れ た 景 色 . . .  車  飛 ば せ ば

  き み の 大 好 き な  水 族 館


  あ と  何 回

  ふ た り  笑 い 合 え る の か な


  あ と  何 回

  き み を  泣 か せ て し ま う の か な  


  近 く て 遠 い . . .  射 程 距 離




  + ○ + 。. * .。 + ○ + 。. * .。 + ○ + 。. * .。+ ○ + 。. * .。+ ○ +



« 気づかないふりを装う - 空を見上げた冬の既視感 - | トップページ | 零れ落ちてゆくものは砂のようにサラサラとやわらかなものだった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62044/62178319

この記事へのトラックバック一覧です: いつ頃からなのかも わからない...  時雨心地の きみの傍ら:

« 気づかないふりを装う - 空を見上げた冬の既視感 - | トップページ | 零れ落ちてゆくものは砂のようにサラサラとやわらかなものだった »