« 零れ落ちてゆくものは砂のようにサラサラとやわらかなものだった | トップページ | 浮かぶ雲は皆... 姿を変えながら いつかどこかへ消えてゆく »

2013年2月18日 (月)

Oasis of the imagination ~ one's heart ~



A7671


 +  ◆  + o 。. . :  * o +  ◆  + o 。. . :  * o +  ◆  + o 。. . :  * o +  ◆  +




  時々 あのちいさな オアシスは

  風もないのに 波紋が広がる


  ゆらゆらと 揺らぎはじめて

  やがて  視界がぼやけてくる 


  目を凝らしても キミの顔すら

  霞んで 見えなくなってゆく


  どこまでいくの?  なにがあるの?

  
  いとしい キミの声だけが

  耳の奥で こだまする       




 +  ◆  + o 。. . :  * o +  ◆  + o 。. . :  * o +  ◆  + o 。. . :  * o +  ◆  +



« 零れ落ちてゆくものは砂のようにサラサラとやわらかなものだった | トップページ | 浮かぶ雲は皆... 姿を変えながら いつかどこかへ消えてゆく »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62044/62178317

この記事へのトラックバック一覧です: Oasis of the imagination ~ one's heart ~:

« 零れ落ちてゆくものは砂のようにサラサラとやわらかなものだった | トップページ | 浮かぶ雲は皆... 姿を変えながら いつかどこかへ消えてゆく »