« いつ頃からなのかも わからない...  時雨心地の きみの傍ら | トップページ | Oasis of the imagination ~ one's heart ~ »

2013年2月 5日 (火)

零れ落ちてゆくものは砂のようにサラサラとやわらかなものだった



A3043


+  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +




「 もう  何も 無くなっちゃった... 」


 でも  いいの

 はじめから 何も無かったようなものだから


 ひとつ残らず 何もかも

 この両手から 消えて無くなってしまえば

 うしろ髪なんて 引かれない




「 もう  何も 云えなくなっちゃった... 」


 でも  いいの

 言葉にしたら 脆く崩れてしまいそう


 僅かな期待  砂の城

 波に呑まれて 跡形も無くなってしまえば

 悲鳴をあげても 届かない




+  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +



« いつ頃からなのかも わからない...  時雨心地の きみの傍ら | トップページ | Oasis of the imagination ~ one's heart ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62044/62178318

この記事へのトラックバック一覧です: 零れ落ちてゆくものは砂のようにサラサラとやわらかなものだった:

« いつ頃からなのかも わからない...  時雨心地の きみの傍ら | トップページ | Oasis of the imagination ~ one's heart ~ »